読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深緑のマタドール 43

 

筋肉痛のメカニズムとは。

 

普段使わない筋繊維を酷使した結果筋繊維が傷つき、その修復をする際に起こるとされている。

筋繊維そのものには痛みを感じる神経はなく、普段使わない筋繊維には毛細血管も十分に張り巡らせられていないため発痛物質の生成も遅れる。

普段からよく使う筋肉は修復が早いため筋肉痛も出にくい。

 

つまり筋肉痛が起こるのは普段使わない筋肉を酷使するからであり、普段使わないから痛みも遅れてやってくるのである。

 

 

なにが言いたいかというと

クリスマス労働の筋肉痛が今日来たのは歳のせいではないということである!!!

 

長ったらしいわ。ヒビ機です。

 

 

やっとひと段落ついた(?)ので忘れないうちに欅坂46のワンマンライブの感想を書き散らかしたいと思います。

 

まず当日の感想を書く前に。

ヒビ機はすべてのチケット戦争に破れ、幾度となく同伴募集を見つけては交渉をし、前日になってやっと行けることになったというある意味執念のライブでもあったということを念頭に読んで欲しい。

 

じゃないときっと文が崩壊しているから。

 

保険をかけておきます。

 

 

じゃあ行くぞ。

 

 

 

ヒビ機が行ったのは三公演の最終公演である12/25の夜公演。

いわゆる千秋楽。AbemaTVでも中継された会なので良かったらチェックしてくれ。

 

 

開演時間の17:30を少し回ったくらい。

OVERTUREと共に会場は緑のサイリウム一色になり一斉にコールが始まる。

 

 

OVERTUREが終わり火柱の上がるステージで「大人は信じてくれない」がスタート

 

激しいフラッシュと火柱、そしてアイドルらしからぬヘッドバンキング

 

 

 

…あ、無理だわこういうレポみたいなの書けないわ!

なのでヒビ機的見所だけピックアップして書くね。

 

 

まず今書いていた「大人は信じてくれない」

サビでヘドバンをする振り付けがあるんだけど21人のヘドバンが圧巻過ぎて鳥肌総立ち。

 

一発目からハードナンバーをぶち込んでくるあたりが乃木坂ともAKBGとも全く違う欅の格好良さを前面に出ていて良かったです。

 

あと何と言っても曲終わりにてちが言った

有明コロシアム、かかってこい。」

がカッッッッコ良過ぎて思わず

「行"く"ぞぉぉぉ!!!!!!」とか謎の叫びをかましました。闘うつもりなのかな。

 

 

次に印象に残ったのが「渋谷からPARCOが消えた日」

ステージが暗転したと思ったら急に二階席にスポットが当てられ、そこにはてちが!

ヒビ機の位置は二階席の角で目の前が通路だったのですが1サビを歌った後の移動で5mくらいの距離に。

 

なんだこれ神席かよここ。

 

ヒビ機含めた周りのオタク達が

「近ぇ!!!!!」って叫んでいました。

めっちゃクールだし近いしかわいいし曲中は完全に推し変してました。マジでごめん。

 

いや、ほら次の曲はゆいちゃんずだったからすぐに戻ったよ。うん。

 

 

 

めっちゃ長くなりそうだから今日はこの辺で。

ヒビ機